10年間毎日ピザを注文し続けた男。突然安否不明になるあの日までは…

ファストフードといえば、体には決して良いものではない。しかし、オレゴン州のセーレム出身のカーク・アレクサンダー氏は、もし彼が大好きだったファストフードチェーン店の迅速な対応がなければ、彼は今日生きてなかったかもしれない。ドミノピザの従業員が一団となって、どうやって店の一番の顧客の命を救ったのか。その実話をご覧ください。

1. 絶対的な忠誠心

Source: tribunnews.com
オレゴン州のセーレム出身のカーク・アレクサンダーは、筋金入りのピザ好きだった。 風味豊かなピザ生地に対する彼の愛は、執着心だと思う人もいれば、その愛の深さの証だと思う人もいるだろう。いぜれにせよ、彼がずっと変わらず愛し続けたピザのチェーン店が一つある。それは彼の地元の『ドミノピザ』であった。そして彼は何度も何度も、ドミノピザの同じ店でオーダーし続けたのだった。それはなんと約10年間にも及んだ。
前の1 of 30